投資は不確実な未来に対してリスクをとって、収益を狙うという活動です。
たとえば、若い会社が株式を発行して資金を集めようとしています。
この会社にお金を出して、もし会社が大化けして大変な利益を出したら、配当という形でリターンが帰ってきます。
会社が成長せず倒産したら出したお金は無駄になります。
これが投資です。
だからリスクというのは、不確実性を示す言葉で、「危険」=デインジャーではありません。
投資をする場合には常にリスクとリターンのバランスと確率を考えないといけません。
たとえば100円を手に入れるのに100円を投資する。
手に入る確率は1/2となれば、これはイーブンです。
実際のところは、儲けた分が税金で20%ひかれてしまうということでよく節税を研究しないと不利になります。
100円を投資して1/2の確率で100円を手に入れたけど税金で20円を納めねばならないというのがルールです。
投資に参加するには、リスクとリターン、確率、そして節税これだけは常に頭に入れておかないといけないのです。

あなたは何に投資する?

投資っていってもいろんな投資がありますよね。
株や先物で取引するのも投資なら、
誰かを信じてお金を貸すのも投資です。
自分を磨くのは自分への投資なんてことになります。
まあ、投資といえば、株や先物、いまはFXというのもありますね。
投資ってじっくりするもんだと思ってたんですが、いまは株でもデイトレードがもてはやされてますし、FXではそれ以上のスキャルピングなんてものもあります。
なんだか私にはついていけそうにない話です。
ある時お母さんの介護をされている方が、株で儲けたって話を聞いたことがあります。
近くにある安くて可愛い服が多い洋服屋さんが好きで、その洋服屋さんが上場したときへそくりでその株を買ったんだそうです。
そうしたらあれよあれよという間に上昇して、数百万の利益になってしまったんだそうです。
いまでは誰でも知っているような洋服屋さんなんですよ。
その株を今でも持ってるそうです。
私はこんな感じの投資の方がすきですね。