人は生活をしていくためにはお金が必ず必要になってきます。
なぜならお金が無いと自分が生活をしていくために必要な食べ物や日常生活に必要な物を購入することができないからです。
そして誰でもお金はより多く持っていたほうがいいと思います。
なぜならお金をより多く持っていたほうがより多く自分の欲しい物を購入して手に入れることができるからです。
お金をより多く手に入れるためにはただ働いて給料をもらうだけでは厳しいと言えるでしょう。
お金をより多く手に入れるためには自分で稼いだお金を使ってさらにお金を増やしていくことが必要になります。
元手となるお金を使ってさらにお金を増やしていくことを投資といい、投資は人がお金を増やすための方法の一つです。
投資にもいろいろなものがありますが、自分にあった投資をしてお金を増やしていくといいでしょう。
投資を数十年続けることによってより多くのお金を手に入れることができるでしょう。

投資で楽しくなる考え方

「負けるのが怖くて投資なんて出来ない」という人いるけど、まったく投資に対して偏見の持ちすぎ。
分かってない。
負けたくないのは欲張りだからなんだよね。
自分は損をしたくない、それが怖さの現われ。
怖いから思考停止して「投資なんて出来ない」という何の脈絡もないことを言い出し始める。
投資ってギャンブルのように考えてるんだけど、それは断じて違う。
投資は利益を得るだけが目的じゃなくて、将来に向かって応援する意味がある。
この点が、欲張りには分かってない。
不動産投資、これは不動産を活用してもらうのも目的のひとつ。
株式投資、これは株式会社を資金面でバックアップする意味もある。
これが分かってると、それで少しぐらい損をしても構わないと思うようになる。
不動産投資で家賃収入が少なくたっていいじゃない。
多くの借主に使ってもらったんだから。
株式投資で損が出たっていいじゃない。
応援している企業に資金を貸せたんだから。
これが分かってると「投資は楽しい」になるなるんだけどね。